ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2010.10.29 Friday

猪達との遭遇

水曜日に急遽休みを取って脱穀をやり終えました。

今週唯一の晴れの日。
昨日も一日中雨。
週末も台風が来そうだし、やっておいて良かったです。
少し肩の荷が軽くなりました。

先日、イノシシと遭遇しました。

夜の8味頃、我が家の私道でのこと。
車に驚いた1頭のイノシシが僕の車の前を横切りました。
「おぉ、デカイ!」と思ったのもつかの間。

後を追うように4頭のウリ坊が、「かあちゃん、待って〜!」と言わんばかりに
必死になって駆け抜けて行きました。
「うわっ、カワイイ!」と思ったのが素直な気持ちです。

これまでにも何度かイノシシと遭遇したことがありますが、
ウリ坊を見たのは始めてです。

田んぼの見回りをしている時に
田んぼの中から小動物達が逃げて行くことが
何度かあったのですが謎が解けました。
ウリ坊だったんですね。

最近のイノシシ被害は田んぼの外に広がっています。

大豆は倒され、畑や畦はガンガン掘り返されていて
見るも無残な光景です。

今年は自前の大豆で味噌を仕込むことが出来ないかもしれません。

防災無線からは、毎週末に市内各地で行われる
イノシシやシカの駆除の連絡が流れて来ます。

我が家だけでなく、市内全域、房総半島全体
いや国内の農村で大きな問題となっています。

生息地の環境とバランスが崩れているのですね。

バランスと言えば、最近頻繁に報道されている“TPPの締結”のこと。

工業、経済成長、GDPというお金の問題と農業が維持して来た暮らしや環境。
崩れてかけているこのバランスが一気に崩壊する時かもしれません。

分断された野山で必死に生きるイノシシ親子の姿は、
これからも農に携わり生きて行く人の姿とダブって見えてしまう。

「共存」とういう理想。
誰一人このことを意識している発言は出て来きません。

そんな時代に僕は、イノシシのように逞しく生きて行けるのだろうか?
生きて行くのでしょうね、こちらを選択したのだから。






2010.10.26 Tuesday

雨男の独り言

どうやら“雨男”の様です。

イベントはすべて雨に降られること無く終えることが出来ましたが、
農作業の方が一向に進みません。
雨に行く手を遮られた状態になっています。

脱穀をしたいのですが、休みの日と晴れがかち合わず、
天気予報を見て休みを変更しても、予報を覆して雨が降る。

トホホの雨男。

大好きなそら豆も播かないと。
エンドウやニンニクはどうしよう?

そんな中、風邪をひきました。

先週、妻と娘が離乳食教室で風邪を貰って来て、
二人してゴホゴホ、クシュン。

昨日あたりから僕も鼻水が出て来て喉が痛い。
熱は無いが、何だか体がだるい。

ゴホホの雨男。

うな垂れた背中が目に浮かびます。

病は気から。
風邪も雨雲も吹き飛ばせ!
空回りの空元気でがんばるぞ!

のど飴を舐めながらの独り言でした。

2010.10.24 Sunday

第1回一旬一会無事終了

いすみ農的暮らしをすすめる会のはじめてのイベント
「一旬一会・いすみの新米味くらべ」が、昨日無事終了しました。

いすみの新米5種類を食べ比べながら、
品種当てゲームなどをして盛り上がりました。

全問正解の方は無し。
確かに食べ比べると違う。
けど、特徴を掴むのは難しい。

お米の奥深さをみんな実感したことでしょう。

けど、全員がいすみの新米の美味しさに
感動したことは間違いありません。

その後は、地元野菜の副食や漬物などで
腹いっぱいになるまで新米を堪能。

別腹タイムは地元の野菜・果物・牛乳で作った
デザートが5品も出るという豪華なものになりました。

地元の方も東京や横浜から来られた方たちも
最後はいすみ談議に花が咲き、我々スタッフも
ニコニコしながらその光景を見ていました。

今後の一旬一会もこの笑顔が絶えないように頑張らなくては。

で、第2回は、「きなこ三昧!」です。
「大豆」「緑豆」「黒豆」などできなこ作り体験をしながら
きなこもちやおはぎ、あつあつのご飯にのっけるなど
きなこを思う存分味わってみよう!というプログラムです。

大豆料理も一緒に作る予定です。

12月19日(日) 11時〜13時
楽働会にて
参加費:1500円
募集人数:20名(要予約)

詳しくは一旬一会のHPに間もなくアップしますので
そちらをご覧ください。

http://1shun1e.jugem.jp/


最後に御協力いただいた伊藤さん、
拓永丸の中村さんどうもありがとうございました。

2010.10.19 Tuesday

土と平和の祭典を終えて

今年も無事に「土と平和の祭典」を終えることが出来ました。

沢山の方にご購入いただき本当にありがとうございました。

また、沢山の方々とお話出来たことにも感謝いたしております。
田舎暮らしのこと、農業のこと、いすみのこと…。

本当にみんな田舎や農に興味があるのですね。
改めて実感する場にもなりました。

今回もいろんな方と知り合ことが出来ました。
このことは今後の自分にとってとても貴重なことになって行くことでしょう。

音楽が演奏される中で大きな声で喋ることもありますが、
イベントの終盤には声が枯れてしまいます。
それだけ多くの人と喋っているということでもありますね。

娘も“看板娘”としてよく頑張ってくれました。

サンプルTシャツの首のところについているタグが気になるようで
3枚ぐらいTシャツをツバでベチョベチョにされてしまいました。
でも、その様子が可愛かったようでいろんな人がカメラに納めて行きました。
僕のTシャツより娘の方が人気者でした。

そんなこんなで娘が人を惹きつけてくれたこともあり、
今年も忙しい一日で終えることとなりました。

大きなイベントですが、とても一体感を感じることができるイベントに
声をかけて頂けることはとてもありがたいことです。

スタッフの方々、オーガナイザーの吉度さん、ブースを仕切ってくれた林さん
どうもありがとうございました。

パン工房「ころぼっくる」の御夫妻、iikarakanの桐山さんとは
毎年同窓会のようにこの時にお会い出来て嬉しいです。

同じテントのブラウンズフィールドのみなさん、娘の面倒を見てくれた
デコさん&エバレットさんもありがとうございました。

同日に開催された皇居でのロードレースに参加された
農文協の方とも数人ですが御挨拶が出来て良かったです。
50代の部で優勝したとか?しなかったとか?
おめでとうございます!
そして、みなさんお疲れさまでした。

また来年、いい顔でみなさんとお会い出来ることを願っています。





2010.10.16 Saturday

米T皇居を走る。農文協チーム。

10月17日の日曜日。
米Tが東京のランナーの聖地・皇居の外周を走ります。

と言っても僕自身が走るわけではありません。

出版関係のロードレスです。
「現代農業」や先日掲載していただいた「季刊・地域」の
(社)農文協チームがレースユニフォームとして
米Tを採用して下さいました。

8名くらいの方が米Tを着て走ってくれるようです。
ありがとうございます。

天候が悪いと中止だそうですが、
明日は何とか大丈夫そうです。

17日(日)は、僕も目と鼻の先の日比谷公園で
「土と平和の祭典」に参加しています。

日比谷公園から農文協チームの健闘を祈っております。

天気予報から傘マークが消えました。
お近くの方は日比谷公園まで遊びに来てください。

今年の2月に娘が誕生した記念に
今回少量ですがロンパース(70&80cm)を作りました。
明日がはじめての販売となります。

米T共々よろしくお願いします。





2010.10.14 Thursday

土と平和の祭典 10月17日(日) 東京・日比谷公園




今年も「土と平和の祭典」に参加します。

半農半Xブースに出店です。
いすみ市からは、ブラウンズフィールドも出店しています。

また今回は、鴨川村ブースと合同です。
千葉県鴨川市からも様々な方、物がやってきます。


土と平和の祭典

東京・日比谷公園

10月17日 午前10時スタート

雨天決行・入場無料 (降らないでー)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.tanemaki.jp/saiten2010


我が家にとっては、年に1度揃って東京へ行く日にもなっています。

一昨年は夫婦2人で行き、
昨年は妻が妊娠中の2.5人で行き、
今年は娘を連れて3人です。

子供たちも楽しめ、
また授乳室などもあり
子育て中の方にも安心して楽しめるイベントです。

我が家も楽しみながら参加します。

みなさんも日比谷公園に遊びに来てください。

テルテル坊主様〜。
今からじゃ間に合わないか?


2010.10.11 Monday

雨のち青空とスキップ

抜けるような青空です。

やっぱり晴れた日は気持ちがいいですね。

ジブリ作品に出て来る女の子だと
歌いながらスキップすることでしょう。

同じことを僕がやっても滑稽なので
見上げるだけにしておきます。

昨日は雨の音で目が覚め、
新しくなった防災無線が大雨・洪水警報の発令を知らせてくれました。

この防災無線もアナログからデジタルへ移行しました。

テレビも近くに中継局が建つという話です。
我が家はBSのみのTVライフなのであまり関係ありませんが。

越してきた頃は、携帯の電波ですら届かない陸の孤島でした。
7年間でいろいろと変わりました。

変わらないのは田んぼと畑くらいでしょうか。

干してある稲は、昨日の大雨に叩かれ
髪が乱れ、肩を落とし、少し疲れたように見えます。

今日の天気でパリッとしてくれるかな。
頼むよ、新米くん。

じゃぁ、スキップしてみますか?
足をどう出したらいいんだっけ?
頭で考えてやるもんじゃないですよね。

意味も無くスキップしていた小学生の頃が懐かしい。
30数年間で僕もいろいろ変わりました。









2010.10.09 Saturday

稲刈り終了

昨日古代米を刈り終え、今年の稲刈りが終了しました。

水曜日には友人達の手を借りてイセヒカリを刈り終えました。

焙煎香房「抱」の水野さん、初参加の堀江さん、娘の面倒を見てくれた長谷川さん
どうもありがとうございまいした。

昨日の午後は、先に刈り取ったコシヒカリの唐箕かけを。
天気の良い日が2,3日続けば、やっと我が家も新米を味わうことができます。

毎年、この唐箕かけをやっていると、「コンバインって凄い機械だなぁ。」と唸ってしまいます。
稲刈り、脱穀、唐箕かけ、藁の裁断を一度にこなしてしまうわけですから。

間違い無く1週間くらいの時間を短縮してくれます。
収穫量の多い農家だと月単位で短縮してくれていることでしょう。

我が家の10月は米、米、米の日々です。
残りのコシヒカリの唐箕かけ、イセヒカリの脱穀&唐箕かけ、最後の天日乾燥、籾すり&精米…。

そんな中、そら豆の種まきや大豆の土寄せもやらなけえれば。
それに10月はイベントも2つあるし、やっぱり機械が…。

喉から手が出かけたところをグッと飲み込む。
酔いつぶれて駅のホームの時計を見上げながら電車を待つ時のように。

人力でやるから解ること、発見することもいっぱいあります。

イセヒカリの稲刈りをしながら、小鳥やカヤネズミの巣を3個見つけました。
彼らは知っているのですね、コシヒカリよりイセヒカリの方が丈夫で倒れないことを。

これからも時間や手間は掛かりますが、人力で頑張りたいと思います。
自分の体と相談しながら。





2010.10.05 Tuesday

我が家に「光」が来る

明日は残りのイセヒカリ部分の稲刈りです。

また、何人かコメダチが援農に来てくれるようで
ありがとうございます。

コシヒカリの稲刈りから約3週間。
台風による風雨以来、雨の日が多く
田んぼが乾いていないので
明日は足腰に来るかもしれません。

しかもまたイノシシに侵入されました。

少しぐらい米を食っても腹がいっぱいになるとは思えないのに。
おやつ感覚でやって来るののだろうか?

昨日我が家にNTTから電話がありました。

来年の1月から「光」がやって来るとのこと。
その予約の電話でした。

ADSLもダメ。
ISDNもダメ。

このご時世に我が家の通信環境はダイヤルアップなんです。

スタート時の「ピポパピポ…」という音も
繋がる前の「ビヨーン、ビヨーン」という音も
光に変わった瞬間に忘れてしまうことでしょう。

僕はあまりネットに詳しくないので
後は妻に任せます。

今はPCの前に座っているより、娘の前にですね。

そんなこんなで時間短縮や常時接続はありがたいことです。



2010.10.03 Sunday

季刊地域の記事がアップされています。

季刊地域はいい雑誌なので目を通してもらいたいのですが、
書店へ行く時間が無い人、
うちの近くの本屋じゃ売ってないよと言う人は、
季刊地域のHPから「米T」の記事をご覧ください。

季刊地域
http://kikanchiiki.net/

ゆるくらジャーナル
http://kikanchiiki.net/contents/?p=129



Powered by
30days Album
PR