スポンサーサイト

2018.10.15 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    僕色、あなた色の米バッグ

    2017.10.15 Sunday

    0

       

      使い始めてからもう6年以上になる米バッグ。

       

      生地が柔らかくなってきて若干色あせたころが一番いい感じです。

       

      僕は毎日使用ではないので34年目あたりからいい感じになりましたが、

      普段使いの方は23年目あたりが一番いい感じなのではないかと思います。

       

      イベント出店時に持っていくと「それが欲しい!」とよく言われます。

      「これは僕色なので、ぜひ自分色を作ってください」とお応えしています。

       

      トートバッグも少なくなってきたので現在追加生産中。

      今月後半に上がって来ますので、気になる方はお問い合わせください。

       

      米Tパート1の現在手元にあるカラーの紹介です!

      2017.07.08 Saturday

      0

        米Tは今から13年前にこのデザインから始まりました!

        亀吉のホームページ内では紹介していないカラーもあります。

        気になる方はホームページの「問い合わせ」にてメッセージをください。

        対応させていただきますので。

         

        写真左上から レッド(L、XL売切れ)、ホワイト、アッシュグレー、デイジー
        左下から ネイビー、ダークグリーン、ラベンダー

         

        サイズ:150、S、M、L、XL
        素材::綿100%
        価格:2900円(税込)

         

         

        【出店情報】アースデイちば 2017 5/21(日) 稲毛海浜公園 10時〜

        2017.05.16 Tuesday

        0

          今年もアースデイちば2017 に出店します!

           

          521日(日) @稲毛海浜公園

          10時〜16  入場無料 雨天決行

           

          今のところ天気予報では良さそうですね。

          海沿いなので風が吹かないことを願いながら

          皆様のお越しをお待ちいたしております。

           

          気持ちいい芝生の公園ですのでのんびりと過ごしながら

          アースデイちばをお楽しみください!

          この景色がいつまでも…

          2017.04.30 Sunday

          0

            景色や空が映し出されるこの時期の田んぼ。
            水鏡に映る自分の姿で遊んでいた頃が懐かしい。

            当たり前のこの景色がいつまでも続くことを願う。

             

             

            【出店情報】アースデイ東京2017 4/22(土)、4/23(日)代々木公園

            2017.04.20 Thursday

            0

              本当に久しぶりにアースデイ東京に出店します!

              出店エリアは代々木公園の渋谷側入口近くの種まき大作戦エリアです。

              出店者の顔ぶれも昔と変わって新鮮だと思うのですが、僕の周りは毎年秋に開催されている「土と平和の祭典」の仲間たち。

              なのでまた同窓会的雰囲気での出店となると思われます。

              今のところ天気予報では2日間とも天気は上々。

              東京近郊の方でお時間のある方は代々木公園まで遊びに来てください!

               

              ●●●●●● アースデイ東京2017 ●●●●●●

              ◎会場/代々木公園(イベント広場・ケヤキ並木)
              ◎日程 ※雨天決行
               4月22日(土)10:00〜20:00
               4月23日(日)10:00〜18:00
               ※展示ブースは両日とも10:00〜17:00
              ◎入場/無料

               

              【種まき大作戦エリア出店者リスト】
              ●〜日本の香り〜 天然香木工房
              ●tsunagaru-tsunagaru
              ●無農薬茶の北川園
               &週末農風&フロマエ
              ●LE VIN NATURE
              ●みやもと山
              ●魚屋
              ●ヤマギシの村
              ●光郷城 畑懐
              ●アジア太平洋資料センター(PARC)
              ●SUNNY NOMADO
              ●スワラジ
              ●N.HARVEST
              ●オリジナルTシャツ 亀吉
              ●農FUTURE ※22(土)のみ
              ●ナマケモノ倶楽部 ※23(日)のみ
              ●山羊さんの贈り物「修験deパン」※23(日)のみ 
              ●マロニエ ※23(日)のみ
              ●マザーアースクラブ ※23(日)のみ
              ●ヒマラヤンマテリアル
              ●オルター・トレード・ジャパン
               /NPO法人APLA
              ●グアテマヤ
              ●自然村 たなごころ~掌~
              ●Organic caféごぱん
              ●寺田本家
              ●風の谷工房

              ステージのタイムテーブルはコチラ
              https://www.facebook.com/events/2061540124073138/

               

               

              大多喜町発行「あてら」(第3号)に取り上げていただきました!

              2017.04.07 Friday

              0

                 

                大多喜町発行のフリー小冊子「あてら」(第3号)の紹介です。
                今回のテーマは「働くお父さん」。
                その中の一人として取り上げていただきました!
                この冊子を通じて少しでも大多喜町の雰囲気が伝わってくれれば幸いです。
                「あてら」は、地元だけでなく東京、千葉、神奈川などの書店やカフェなどでも手に入りますので

                HPにあるショップリストをご覧ください。
                さてさて僕のページに関してですが、今のところ見てからのお楽しみということで。
                今回は表紙だけでご勘弁願います。

                 

                「あてら」HP

                【出店情報】 3/12(日) お蔵フェスタ (酒蔵まつり) 千葉県神崎町・寺田本家

                2017.03.09 Thursday

                0

                   

                  毎年亀吉のイベントはじめとなる「お蔵フェスタ(酒蔵まつり)」が、
                  今週の日曜日(12)に千葉県神崎町の寺田本家さんを中心に開催されます。
                  東京からバスツアーがあるなど、とても多くの方が来場されるイベントです。

                  寺田本家のお酒の魅力と威力の賜物ですね。

                  来場者の方は県外の方も多く、米Tも毎年ここから各地へ旅立っていきます。


                  それに他の出店者もある意味「強者」ばかり。

                  それも楽しみの一つです。

                   

                  亀吉のブースは寺田本家正面の駐車場内にあります。

                  Tをテント上にはためかせる予定ですので目印にしてください!

                   

                  当日は楽しみながら頑張っていますので、お越しの方はぜひお立ち寄りください。

                   

                  詳しくはこちらをご覧ください。

                  http://www.teradahonke.co.jp/

                  〜「小商い」で自由にくらす - 房総いすみのDIYな働き方〜 亀吉も紹介されています!

                  2017.02.19 Sunday

                  0

                     

                    亀吉も小商いプレイヤーの一人として紹介してもらっている話題の本の紹介です!

                     

                    いすみ在住のライター磯木淳寛くんが書いたまとめた一冊。

                    「小商い」で自由にくらす - 房総いすみのDIYな働き方(イカロス出版)

                     

                    Tを作って売って13年目。

                     

                    知らぬ間に周りには素敵な小商いプレイヤーがいっぱいです!

                    知人でありながら「どうやって暮らしているのか?」は謎、謎、謎。

                    そんな所もいい感じで書き上げてくれています。

                     

                    自分自身のことを振り返ってみるとは「小商い」を始めると知り合いが増えた。

                    知らない土地で暮らしていく中で知り合いが増えるということはどれだけ心強かったことか。

                    それは収入以上のものでした。

                     

                    それは今でも同じです。

                    Tを販売しながら見知らぬ誰かや予期せぬ誰かと知り合えることがとても嬉しく自分の糧になっています。

                    今では本人より米Tの方が先に行っていると思われますが…。

                     

                    小商い、福(副)業、移住などをお考えの方にはおすすめの一冊となっています。

                    飾らない普段のみんながここにいますので気軽にお読みください!

                     

                     

                    2月9日、漫画の日。

                    2017.02.09 Thursday

                    0

                      今日は同郷(大阪府豊中市)の偉人・手塚治虫の命日。

                      その29日を漫画専門店が「漫画の日」と制定したそうです。

                       

                      手塚アニメで育った幼少時代。

                      鉄腕アトム、ジャングル大帝、リボンの騎士、メルモちゃんなどなど。

                      中でも「悟空の大冒険」が大好きでした。

                      キャラクター、歌、作品自体のテンポまですべてにおいて。

                      調べてみると1967年の作品。

                      そうなると当時2歳なのでおそらく再放送を見ていたのでしょう。

                      とにかく毎日がドキドキ、ワクワク、ゲラゲラの日々でした。

                       

                      小学生になると漫画の世界にも入って行った。

                      同じようにドキドキ、ワクワク、ゲラゲラの日々。

                      しかし、ある日一つの作品に出会ったことにより漫画への意識が変わる。

                       

                      手塚治虫の「紙の砦」。

                       

                      この作品を僕は本屋の店先で立ち読みをした。

                      小学校3年生の時。

                      店先に高く積まれた「少年キング」を何気にパラッとめくった。

                      作品の冒頭のページが出てきて、そこに見慣れた駅「中津駅」を発見する。

                      阪急電車を利用する人なら誰もが知っている梅田と十三に挟まれた当時は地味な駅。

                      知っている駅が描かれている、そんなことから作品の中へ引き込まれていく。

                      昭和19年の戦時中の大阪。

                      そのころの大阪は度々空襲を受けていた。

                      そんな中、夢や憧れすら口にできない時代を生きる少年少女の話。

                      少年の方は手塚治虫自身の実体験を元に描いたと思われる。

                      これを機に読まれる方もいらっしゃるかもしれないのでネタばらしはここら辺まで。

                       

                      その場で一気に読み終え、そして涙した。

                      漫画で泣くなんて初めてのこと。

                      ドキドキ、ワクワク、ゲラゲラ以上のものがそこにあった。

                      本屋の店先で出会ったしまった本当の漫画のチカラ。

                       

                      中学生になってもこの作品のことが忘れられず、古本屋のお兄さんにストーリーを話して単行本を探し出してもらった。

                      もちろん今でも持っています。

                       

                      手塚治虫没後28年か。

                      今晩は久しぶりに「紙の砦」を読んでみようかな。

                      もう泣かないけどね。

                      あけましておめでとうございます!

                      2017.01.04 Wednesday

                      0

                         

                        新年あけましておめでとうございます。
                        本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                        今年も出来る限りイベント等に顔を出して直接皆様にお会いできればと思っています。
                        また、米Tだけがお近くに行く機会があるかもしれませんので、その際はどうぞよろしくお願いいたします。
                        今年もNO RICE NO LIFE で「ケッコー!」な一年にいたしましょう!