今年はイノシシの被害が拡大しています。

毎年、案山子とラジオで何とかなっていたのですが、
今年はどうやら見破られたようで、
その後も2回田んぼに入られてしまいました。

唐辛子を煮出した汁を染み込ませた不織布を
田んぼの周りに張り巡らせるなどしてみたのですが、
効果は今ひとつでした。

かなり飢えているのでしょう。
山の餌が少ないことは間違いありません。
雨の少なさや気温の高い日が続いていることが原因なんでしょうかね。

我が家で食する一月分くらいは
食べられてしまったと思います。

最終的には電柵に頼るしか無いのかな。

ソーラーライトを要所に配置する。
案山子とラジオを増やす。
待ち伏せをして嫌がらせをする。(こちらにも危険ありです)

本当は犬を飼えばいいのですが…。
犬を飼うということは、どんなことがあっても
10年以上接して行くことを覚悟しなくてはなりません。
娘が誕生した今は、僕も妻も時間的に難しいのが正直なところです。

もう少し頭をギューっと絞ってみます。

動物園からトラやライオンのおしっこでも貰えないかな〜?
犬や猫は縮みあがってしまうという話を聞いたことがあります。

田んぼの周りや通り道にまいたら効果がありそう。
動物園の新たな収入源にもなるのであれば一石二鳥。

鳥獣害に苦しむ農村の救世主は、近くの動物園だったりして。




コメント
コメントする