6年前の今頃、東京でTシャツ作成の打ち合わせをしていた。

プリントするTシャツのサンプルを数点見せてもらい、
プリント色、プリント位置などを確認し、
最低ロットの50枚を注文して帰って来た。

それから約3週間後。
足踏み脱穀機でガンガン脱穀している日にTシャツが届いた。

米Tのネイビー。

これが米Tの始まりです。

今でも最初に作った50枚のうちの1枚を農作業時に着ています。

友人たちはこの色落ちしてくたびれた米Tを見て
「これが一番いいねぇ」と言ってくれる。

今ではいろんな方がいろんな場面で着用してくださっています。

農家、お米屋さん、ご飯が大好きな人、米を愛する人、
名前に米の文字が入っている人などなど。

あれから6年。
自分でデザインしたものですが、
このTシャツにお世話になりぱなっしです。

そしてこれからもお世話になります。

写真は米Tシリーズの中では一番新しいデザインの
通称「飯T(メシT)」です。

これからも少しずつですが、
新デザインを発表していきますので
長い目で見てやってください。




コメント
コメントする