今年は、「えがお」で行こう!

2013.01.04 Friday

0

    あけましておめでとうございます。
    今年もどうぞよろしくお願いします。

    年男です。
    12年前、24年前。
    どんな年だったか覚えていませんが、
    今年はいい年にしたいですね。

    年末は31日まで仕事。
    正月の3日間はお休み。
    今日が仕事始めです。

    昨日の午前中は娘と滑り台のある公園へ。
    車での道中。
    ジャンケン好きの娘とジャンケンをしながら行きました。
    まだ娘は勝ち負けを理解していません。

    チャイルドシートは後部座席。
    死角になるので何を出したかわかりません。
    声で確認することに。

    「ジャンケンポン!」
    「とうちゃんはパー。何出したー?」
    すると娘は、「えがお〜。」。

    「え、えがお〜?」
    思わず声を出して笑ってしまいました。
    すると娘もゲラゲラ。

    「えがおには勝てへんなぁ。」
    「じゃ、もう1回。」
    「ジャンケンポン!」
    「とうちゃんはチョキ。何出したー?」
    すると娘はまた「えがお〜。」。

    「えー、どんなえがお?」と聞いてみると。
    「虹のえがお。」と娘。

    最強です。

    そんな娘も2月で3歳。
    最近は予想不可能な言葉や行動をするようになり、
    大変だけどとても楽しい時間を過ごしています。

    娘に習って今年は「えがお」の一年にしたいと思います。

    「えがお」があれば、「福」も来ることでしょう。

    みなさまにも今年一年、いい笑顔が沢山届きますように。

    では最後にもう一度、今年も米T共々よろしくお願いいたします。















    スポンサーサイト

    2019.04.15 Monday

    0
      コメント
      初めまして 一月24日あたりに いすみに 遊びに行こうと予定しています
      遊びに行くといっても 現在 移住先を 探しています
      いすみの農業は稲作だとききます
      現状などをよろしければ 教えていただきたいです
      大変だとかそういうことではなく
      いすみでも 耕作放棄地が あるのかとか 若者がいないのかとか できれば お会いできれば一番いいのですが 家族がいると 移住も大変です
      とりあえず 久しぶりに館山から回ってみる予定です
      • by だんご侍
      • 2013/01/11 8:27 AM
      おはようございます。
      はじめまして亀吉の小畑です。

      いすみの稲作ですが、平坦な部分は土地改良が行われ若い担い手も育ち現在でもガンガン米作りが行われています。

      しかし、里山近くの小さな田んぼは、農業機械の大型などにより見捨てられ荒れている田んぼも見受けられます。
      このところは、田舎暮らしのブームに乗ってそういった農地を転用して田舎の風景に似合わない家が建ってしまうこともあります。

      自給用サイズであれば耕作放棄地を利用することも可能だと思いますが、問題は水の問題があります。
      水路は集落などの小さな単位で管理されています。
      畑であれば天水に任せることで賄えるかもしれませんが、田んぼとなるとその点が問題になります。

      また、畑中心で考えているのなら海側が良いでしょう。
      内陸側(僕もこちら側です)は、粘土質で畑には不向きです。

      などなど、いろんなことがありますが、
      是非ぐるっといすみを見て行ってください。

      いすみの情報を得るのに一番簡単なのは、
      ご存知かも知れませんが「いすみライフスタイル研究所」(NPO法人)を訪ねてみればいいと思います。
      http://www.isumi-style.com/

      また機会がありましたらお会いしましょう。
      では、気を付けてお越しください。







      • by 亀吉
      • 2013/01/22 10:29 AM
      コメントする