ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< チーム「新のつく農産物」 | main | 雪景色の霞が関にて >>
2012.01.17 Tuesday

亀吉の仕事始め 〜1/24(火)耕作放棄地サミット@霞が関〜

直売所の仕事は正月明けから始まっていますが、
亀吉(個人)としての仕事始めは1月24日からです。

都市生活者の農力向上委員会代表の西村さんから
お声を掛けていただき東京でのスタートなりました。
西村さんありがとうございます。

昨年も螢◆璽好ラーさんにお声を掛けていただき
東京でのスタートでした。

サミット会場のロビーでの出店です。
もちろん販売だけでなく聴講もします。
当日は、半売半聴ですね。

申し込みは終了したようです。
めでたく「満員御礼!」の文字が出ています。

これからもいろいろと企画されているようですから
興味のある方はHPをまめにチェックしてください。

サミットへご来場の方は、遠慮なく声を掛けてください。
では、24日にお会いしましょう。

下記が今回の概要です。

〜耕作放棄地再生サミット「自給共生社会を目指して」〜
http://www.blog-headline.jp/agriability/2011/10/post_17.html

景気の低迷と財政赤字の拡大は、過疎化が進む農山村にも暗い影を落としています。
なかでも耕作放棄地は、農業従事者の高齢化や食料需給のグローバル化なども影響して、
広がるばかりのようです。一方で、田舎に本当の豊さを求め、IターンやUターン、
都市農山村交流などで、地域の活性化に取り組む団体も目立って増えてきました。
もちろんその多くは、田畑の荒廃を防ぐうえでも、重要な役割を担っています。
そこで一般社団法人 都市生活者の農力向上委員会では、
そんな方々の地道な努力を讃え、そこに日本再生の活路を見出そうと、
下記のとおり「農力向上大作戦!耕作放棄地再生サミット」を開催する運びとなりました。
その農地の多面的な活用法やコミュニティ・デザインの進め方などにも、
ヒントを得て頂ければ幸いです。
(来場参加は満員につき、USTREAMでご視聴頂ければ幸いです)

‘時:2012年1月24日(火)
・第1部:17:00〜<取組希望団体/市町村議員/行政担当者/対象>
・第2部:19:00〜21:00<一般都市生活者対象>

⊂貊蝓Р發関ナレッジスクエア(虎ノ門駅11番出口徒歩5分)
・所在地:東京都千代田区霞が関3-2-1霞が関コモンゲート西館3階

D螳:100名

せ臆暖顱В押ぃ娃娃葦漾複院檻寡堯法殖院ぃ娃娃葦漾複寡瑤里漾
・別会場での名刺交換会(21:00〜22:00)は別途3,000円

*申込:満員御礼!

ゼ膾邸О貳娘卉痛/ 都市生活者の農力向上委員会(2011年12月設立)

Χ催:
・特定非営利活動法人えがおつなげて
・特定非営利活動法人ビーグッドカフェ
・種まき大作戦

Ф力:
・地域情報誌『かがり火』編集部
・株式会社 マイファーム
・株式会社 大地を守る会
・農事組合法人 鴨川自然王国
・新しい公共をつくる市民キャビネット
・らでぃっしゅぼーや株式会社
・一般社団法人 日本在来種みつばち協会
・パルシステム連合会
・公益財団法人 日本自然保護協会(NACS-J)

備考:
・登壇者は、ご都合により予告なく変更されることがあります。
・壇上の模様はUSTREAM等でのネット公開配信を予定しています。
・申込は、来場予定者ご本人により1人1登録をお願いします。
・お申込み頂いた方は当会のメーリングリストにも参加頂きます。
(ご登録頂いた団体名/お名前はML内で公開させて頂きます)
・当日は名刺を持参の上、受付で提出願います。
・受付の際はお釣りのないよう現金をご用意ください。

内容:
=第1部<取組希望団体/市町村議員/行政担当者/対象>=
*主催側挨拶:シキタ純 氏(特定非営利活動法人ビーグッドカフェ)
*現状説明:伊藤龍太 氏(農林水産省耕作放棄地対策検討室)
*質疑応答

=第2部<一般都市生活者対象>=
*基調講演:高野孟 氏(株式会社インサイダー代表取締役
「耕作放棄地再生と農力向上の必要性」(仮題)
*諸団体の活動紹介:
・佐藤洋 氏(山梨県都留市観光振興課)
・林良樹 氏(農事組合法人 鴨川自然王国)
・大和田順子 氏(蕪栗沼・ふゆみずたんぼプロジェクト)
・ハッタケンタロー 氏(種まき大作戦/麦まき大作戦)
・大塚洋一郎 氏(特定非営利活動法人 農商工連携サポートセンター)
・白石真一 氏(株式会社千葉農産)
・竹本亮太郎 氏(株式会社キュアリンク檜原再生プロジェクト)
・古屋富雄 氏(神奈川県南足柄市農業委員会事務局)
・島村孝一 氏(株式会社新しい村)
・高安和夫 氏(銀座ミツバチプロジェクト「みつばちの里づくり」)
・仲野忠晴 氏(NPO法人「畑と田んぼ環境」再生会)
・河津舞 氏(NICE 九州事務局準備長)

*政策提言:
・金子美登 氏(全国有機農業推進協議会理事長)※ビデオメッセージ
・竹本亮太郎 氏(株式会社キュアリンク檜原再生プロジェクト)
−自給共生教育の義務化
−有機CSA(テイケイ)の普及促進
−市民農業者への耕作放棄地貸与条件緩和
−失業者の農力向上&自給共生的帰農支援
*来賓挨拶:(未定)
*主催側総括:曽根原久司 氏

ロビーでの物販
*Tシャツ&雑貨:亀吉(小畑麻夫氏) http://www.kamekiti-t.com/
*書籍:『日本の田舎は宝の山』曽根原久司著

名刺交換会
*日時:2012年1月24日(火)21:00〜22:00
*場所:バリッシモ 霞ヶ関コモンゲート店(同ビル2階)
*会費:3,000円予定
*定員:第2部参加者のみ申込先着50名

*申込:満員御礼!
*参考:耕作放棄地再生大賞!構想

都市生活者の農力向上委員会
http://www.blog-headline.jp/agriability/

2020.07.12 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR